結果をだすリーダーしか知らない20の方法  鍵山秀三郎 中田宏 共著

商品コード:
a019008
販売価格(税込):
1,404
関連カテゴリ:
一般書籍 > ビジネス

人を感化する力は、自分がいかに犠牲を払ったか、その量と質に比例する。

組織を率いて悩まないリーダーはいません。
いまリーダーとして奮闘している方や、これからリーダーになる方を代表して、
「リーダーに必要な力」とはいかなるものかを、鍵山さんにお聞きしたいと思っています。
―中田 宏

売上1000億円企業のたたき上げ創業者×ヨコハマの借金1兆円削減の若手政治家
異色リーダーの意外な共通点

書籍詳細

発売日:2013年6月1日
188mm×127mm 並製本 160ページ
ISBN978-4-86010-332-3

著者プロフィール

鍵山秀三郎
1933年東京生まれ。1953年自動車用品会社「デトロイト商会」に入社。1961年「ローヤル」を創業。1997年東証第一部上場とともに、社名を「イエローハット」に変更、翌年同社取締役相談役に就任。2010年9月退社。現在、NPO法人「日本を美しくする会」相談役。
だれにでもできる簡単なことを徹底して実践する「凡事徹底」を信条とする。創業以来続けた「掃除」に多くの人々が共鳴し、その活動は国内ではもちろんのこと、アメリカ、中国、台湾やブラジルなど、海外にも広がっている。

中田宏
1964年生まれ。1993年から衆議院議員3期、2002年から横浜市長を2期勤める。就任1年で横浜市の財政透明度日本一を確立。市の累積借入金を約1兆円純減、市営地下鉄、バス、水道局の黒字化を達成し、市財政を再建。ごみ排出量40%削減、住民基本台帳ネットワークの市民選択制、独自の市債発行など、全国にさきがけた取り組みを次々に具体化し、地方行政をリードした。
2003年世界経済フォーラムで、「明日のグローバルリーダー100人」に選出された。
2009年8月横浜市長退任、総務省顧問。
2012年1月より大阪市特別顧問。
2012年12月の総選挙で衆議院議員に4期目の当選。岡山理科大学などの客員教授も勤める。

商品レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。